amedotのブログ

呪術廻戦の考察を主に書きます

呪術廻戦

【呪術廻戦】元ネタ集(14巻~)

これは0~13巻元ネタ集の続きです。 ネタバレは単行本になった範囲のみです。 単行本が発売次第更新していきます。 amedot.hatenablog.com 【14巻】 ≪宿儺の体の模様と武器≫ ≪八握剣と魔虚羅≫ ≪八岐大蛇(ヤマタノオロチ)≫ ≪適応の法陣≫ ≪虫拳≫ 【15巻】 ≪祇…

【呪術廻戦】元ネタ集(0~13巻)

呪術廻戦の元ネタ等についての記事です。 もしかしたら元ネタじゃないかもしれません。 話半分でどうぞ。 ネタバレ範囲は0~13巻です。 ※14巻からは以下のページに書いていきます 13巻ずつを目安に新しいページにするつもりです amedot.hatenablog.com 【目…

【呪術廻戦】『呪術廻戦』と『輪廻転生』と『六眼』

実るほど頭を垂れる稲穂かな この記事は 13巻の謎と呪力の色から 「廻」と「六眼」について考察した記事です。 ネタバレ範囲は0~13巻です。 ※致命的ではない程度に少し本誌範囲のネタバレも含みます(116話) (宗教知識等述べている個所がありますが、あくま…

【呪術廻戦】文系でもわかる「無下限」術式解説

五条悟の術式である 「無下限」の解説です (※あくまで自分の解釈による解説です) ネタバレ範囲は五条の術式の用途5種類が どんな力を持っているのかということです。 ストーリー的ネタバレは皆無です。 =目次= 【五条の術式の基本】 【負の力と正の力】 【…

【呪術廻戦】真人の『無為転変』は世界を作り変える力

※これは呪具の特性から 真人の術式『無為転変』 その力の可能性を考察した記事です。 ネタバレ範囲は0~12巻です。 真人の術式『無為転変』 それは世界を作り変え得る力 =目次= 【呪具】 【万物に魂は存在する】 【無為転変】 ≪関連記事≫ ⇓「魂を見る」力…

【呪術廻戦】「存在しない記憶」は交換?

この記事は存在しない記憶が術式によるものであると仮定し、そしてその術式の正体についてを発動条件から考察した記事になっています。 ネタバレ範囲は1~12巻となります。 ↓過去の存在しない記憶についての憶測(根拠は弱いです) amedot.hatenablog.com ※本…

【呪術廻戦】『乙骨憂太は作られた主人公である』

呪術廻戦0巻主人公 乙骨憂太 彼は作られた主人公なのではないだろうか 根拠は3つだ。 (11/16に根拠を1つ追記しました) ネタバレ範囲は0~11巻です。 ≪※時系列おさらい≫ 【根拠①不自然な過去】 【根拠②膨大すぎる呪力】 【根拠③金枝篇】 【追記(11/16)】 ≪根拠…

【呪術廻戦】夏油傑の遣道『呪霊操術と特級呪霊』

夏油傑の術式「呪霊操術」と少年院の特級呪霊の関係。術式の可能性について考察した記事です。更に今後の展開予想もしています。

【呪術廻戦】虎杖悠仁 5つの能力 1つの術式

虎杖悠仁の5つの能力と1つの術式についての考察です。彼は作られた存在なのではないでしょうか。 地味だけど彼の力って多いんですよね。出自や諸々が不明ですがどうやらただの一般人ではない様子。これからに期待したいです。

【呪術廻戦】朝真暮偽 夏油傑 『灰色の脳細胞』

夏油が裏切った一因であるあの事故。本当に事故だったのだろうか。内通者と脳の正体とは?それらについて考察しました。

【呪術廻戦】狂気の学徒九十九由基とブラザー虎杖悠仁

東堂などに共通する痣、九十九、虎杖の関係について考察しました。ブラザーって伏線だったのかもしれませんね。ネタバレは単行本になった範囲です。

呪術廻戦は合法で無料でオフラインで何度も見れます。しかも簡単に(6か月間)

胡散臭いですが下調べをし、5時間弱かけ作りました。営利目的は一切ありません。呪術に世界で1番売れてほしいのです。

【呪術廻戦】廻廻奇譚と紅蓮華の関係性

紅蓮華は本編の伏線でしたが、廻廻奇譚も伏線の可能性が十分にあるんですよね。そういう記事です。ネタバレ範囲は呪術廻戦1-13巻です。

【呪術廻戦】アニメから読み解く呪術廻戦 『始』

呪術廻戦1期アニメOPから原作を読み解こうという記事です。ネタバレ範囲は13巻+アニメOPとなっています。ご注意ください。

【呪術廻戦】アニメ公式スタートガイド 買う?買わない?

呪術廻戦アニメ公式スタートガイドの見所についての記事です。内容ネタバレは極力避けるので安心してください。

【呪術廻戦】アニメから読み解く呪術廻戦『序』

呪術廻戦のアニメによって呪力の色や両面宿儺の体の紋様がはっきりと確認できるようになりました。それと呪術の本編を照らし合わせて考察した記事となっています。ぜひご賞味ください。ネタバレは12巻までとなっております。

【呪術廻戦】呪力の核心と反転

呪力の核心という呪術廻戦でしばしば使用されるワード。これと反転術式の関係性について考察しました。ベクトルについての予備知識があると言いたい内容がより分かりやすいと思われます。なお、ネタバレ範囲は単行本12巻になったところまでです。

【呪術廻戦】「存在しない記憶術式」其之正体「生邪魔」

生きる邪魔と書いて生邪魔(いちじゃま) ご存じでしょうか?私はこれが「存在しない記憶術式」の正体ではないかと考えました。彼の数奇な運命は考察すればするほど沼にはまっていくようですがぜひ一読あれ。

【呪術廻戦】術式とか結界術について

術式とか領域とか簡易領域に結界術,反転術式,術式反転とか呪術って深く説明されないまま進んでややこしいですよね。 今回はそんな人のための記事です。ネタバレはほぼほぼないのでまだ読み始めたばっかりという方も安心して読んでください。 呪術の参考書位…

【呪術廻戦】ツミキクズシ

白百合の花言葉は純真無垢。 黒百合の「意味」をご存じですか?

両面宿儺 王が死後に見た夢

呪いの王 両面宿儺。彼が呪物となってまで成し遂げたかったことについて考察する。

【呪術廻戦】『虎杖悠仁は呪物である』

根拠は3つある その剛力以外ほぼ全てが謎の男 虎杖悠仁 その謎に迫る。 ※自分の仮定が正しいことを前提に話を進める記事であり、あくまで一つ可能性に過ぎない推論です。 単行本派には重大なネタバレ要素アリ (画像は単行本になったところのみ) 【家族関係…

【呪術廻戦】五条悟 その眼に何を視る

呪術廻戦において現状断トツ最強の呪術師である五条悟。今回はそんな彼の特殊な眼。六眼についての考察となります。彼の眼に映る世界はどんな色なのでしょうね?