amedotのブログ

呪術廻戦の考察を主に書きます

【呪術廻戦】廻天之力は何処へ向く 『両面宿儺は万象の皇である』

これは以前に書いた記事と

 

宿儺の腕の本数から

 

器の宿儺の正体について考察した記事です

 

ネタバレは1~14巻に加え136話も含みます。

 

f:id:amedot:20210128023156p:plain

 

 

 

 

 【器の宿儺】

 宿儺には「器の宿儺」「中の宿儺」がおり

「中の宿儺」は蠱毒によって生まれた

以前考察した。

amedot.hatenablog.com

 

 

そして別の記事で御三家「近親婚」

行われている可能性について考察した。

amedot.hatenablog.com

 

今回の記事はこれらの記事から

過去の「器の宿儺」の正体について

考えていく。

 

 過去の「器の宿儺」は天皇なのではないだろうか。

 

 

【奇形児と近親婚】

御三家で近親婚が行われていた

可能性があることは以前の記事で説明した。

 

近親婚とは 親、兄弟、甥や姪のような

家系的に近しい人との結婚のことを指す。

現代日本では違法であり

世界でも多くの国で

化学的にも倫理的にもNGとされている。

だがこれに気づいておらず

倫理的に問題を感じていなかった過去の人間。

特に自らを特殊な人間であると考え

その血を継承しなければと考えていた家では

「近親婚」が行われていたとされる。

(事実欧州や日本でも行われており

聖徳太子の両親が近親婚という話もある)

 

「近親婚」は外部の人間の血が混ざらないため

血が濃くなるのだ。

(もちろん行われていた理由は血を濃くするため等、単一で単純なものではないが話の筋からそれるため割愛する)

 

つまり簡単に言うと

ハゲやすい家系が近親婚を繰り返すと

 よりハゲが増えるし、

ガンが多い家系ならガンが増えてしまう

しかも加えて

奇形児誕生のリスクが上がってしまうのだ。

そして似た遺伝子を引き継ぎ続けるのだから

見た目も似たり寄ったりになってしまう。

 

だがこれは逆に言えば先祖が特殊であれば

プラスに働くのではないだろうか。

ハゲやガンのような負に触れたがこれが

足が速い、力が強いなどの特徴ならば

仮に父がオリンピック選手ならば

オリンピック選手クラスが大量に

生まれるかもしれない。

 

そうやって作られたのが

腕が4本ある「奇形児」

過去の「器の宿儺」なのではないだろうか。

 

ならば「過去の器の宿儺」

どんな家系にいたのだろうか

 

御三家は考えにくい。

術式がどの家にも似ていないからだ。

 

天元の家系も考えにくい。

術式が似ていないからだ。

 

ならば他に日本において有名で特殊な家は

天皇家だろう。

 

だが蘆屋という

明らかに蘆屋道満を意識した名前を出しても

実在しない蘆屋貞綱にしている作者だ。

 宿儺の正体は実在する○○天皇でした。

そうする可能性は低いと思われる。

よって宿儺は天皇家だが「忌み子」であり

歴史には存在しない人物なのではないだろうか

 

つまり

「過去の器の宿儺」

日本人の王の一族。天皇家

言ってしまえば「人間の王」

 

「中の宿儺」

蠱毒によって作り出された「呪いの王」

 

それらが合わさってできた「過去の宿儺」

「両面宿儺」

森羅万象の皇だと言えるのではないだろうか

 

 

「両面宿儺は万象の皇である」

 

 

↓4本の腕は「特異体質」だったのではないだろうか

amedot.hatenablog.com