amedotのブログ

呪術廻戦の考察を主に書きます

【呪術廻戦】「君は最強だから五条悟なのか?」の真意を解説します

過去編の夏油傑の言葉

「君は最強だから五条悟なのか?

五条悟だから最強なのか?」

真意とはなんだったのでしょうか。

解説します。

f:id:amedot:20210827025034p:plain

 

ネタバレ範囲は呪術廻戦0~9巻です。

特に過去篇の重大なネタバレを含みます

少し長いので飛ばしたいよという方は目次から【だからあの言葉は】を押してください。

(※個人的な解釈を含みます)

 

 

 

=目次=

 

 

【五条悟は無意味である】

呪術廻戦には3つの時間軸

3人の主人公が存在する。

 

0巻(前日譚)

主人公は乙骨憂太。

f:id:amedot:20210519214029p:plain

 

1巻から始まる本編

主人公は虎杖悠仁

f:id:amedot:20210128042734p:plain

 

8巻から始まる過去編(懐玉と玉折)

主人公は五条悟。

f:id:amedot:20210827025034p:plain

特に五条悟はどの時間軸においてもヒーロー

常に彼は強く、常に彼は活躍している。

だが彼は過去編において

「無意味」なのだ。

 

 

どこが「無意味」だったのか

どうして「無意味」だったのか

それは過去編で夏油が五条に残した
 
『君は五条悟だから最強なのか?
最強だから五条悟なのか?』
 
この言葉に隠されている。
そう読んだ根拠を説明していく。
 

【力の責任と理由】

過去編のはじめに五条はこう言っている。
「呪術に理由とか責任を乗っけんのはさ
それこそ弱者のやることだろ」
 
これは夏油が強者は弱者を救う。そうあるべきだと発言したことに対する答えだ。
この発言は
「力に責任を求めるのはその力で救われたい
壊されたくないと考える弱者だけだ」
こう言いたかったのだと思う。
 
その価値観は増長することになる。
五条悟は最強の呪術師に成り
冥冥曰く一人で日本を滅ぼせる力を持った。
そうして理由を更にを軽んじるようになった。
ただ気持ちに任せ力を振るうようになった。
天内のためでも、誰のためでもなく
自分のために力を振るうようになった。
天上天下唯我独尊」であるかのように。
 
その末に夏油は闇へと堕ちた。
何かを守るためではない力は
何も守ることはなかった。

f:id:amedot:20210827214948p:plain

そして冒頭の話へと繋がる。
五条「意味の無い殺しはしないんじゃなかったのか?」
夏油「意味はある。意義もね」
五条「ねぇよ。できもしねぇことをセコセコやんのを意味ねぇっつーんだよ」
夏油「君にならできるだろ」
  「君は五条悟だから最強なのか?
   最強だから五条悟なのか?」
   「殺したければ殺せ
   それには意味がある」
 

【力とその意味】

私が過去編のテーマを挙げるとするならば
「力とその意味」だと考えている。
 
過去編とは最強としてはじめから描かれていた五条が最強に「成る」話。だがこの話で五条は何一つ守れていない。天内も夏油も何もかも。
五条があのとき死んだとして
過去編は何1つ変わることはない。
夏油は呪霊操術によって殺されはしはしないし、天内は射殺される。五条が消えれば夏油の精神的、肉体的負担は増加しどのみち裏切っていただろう。パパ黒は生きるが覚醒五条に対する前の彼に思想は無い。まさに透明人間。特段なにかを成すことは無かっただろう。灰原は死ぬし七海は生きて呪術師をやめるだろう。
過去編の主人公で特級ほどに強くても
コマの隅に映るモブのように
居ても居なくても同じ「無意味」だった。
 
だがあの通りで夏油と別れた後は違う。
 
乙骨を庇った
治療すれば生きられただろう夏油を殺した
虎杖を助けた
自然呪霊を殺した
自分を縛り一般人を守り消耗し封印された
 
全て良い方向へと働いてはいない。
しかし彼の力には確実に
「意味」が存在した。
 
それは五条が力に「理由」を求めたからだ。
 
後進の育成
呪術界の改革
殺す理由と生かす理由
 
故に過去に一度逃した夏油を0巻で殺した。
五条にとっての夏油は夏油の両親なのだ。
力に乗せた意味や理由。
それらのために捨てたもの
それが彼らにとっての
「たった一人の親友」
「たった一組の両親」だった。
 故に五条が夏油を殺すことには
「意味がある」
そこには親友を殺すほどの理由があるから。
 

【だからあの言葉は】

「できない事に意味はない?
君にならできるじゃないか。
誰にもできない事じゃない。
君は最強じゃなくても五条悟
少なくとも私の隣にいた親友は
『最強』なんて記号じゃなかったはずだ
それとも最強じゃなくなれば
意味が無くなれば、君は
『五条悟』ではなくなるのか?
『意味がある』とはそうじゃない
できるかできないかじゃない。
最強かどうかでもない。
理由や責任を乗せる行為
それそのものが意味で
だから君は五条悟じゃないのか?
そう言いたかったんだと思う。
 
人に名前があるのは
親が「意味」を求めたからだ。
求めないのであれば「村人a」でいい。
ただの「最強」でいい。
しかし親は子に良く育って欲しいから
『思い』を込めて名前を付ける。
だからこそ夏油は「最強」ではなく
「君」になれたならと言ったのだろう。
 
 
じゃあ、力に理由や責任を求めるのは
力に怯えた弱者だけなのだろうか?
違う。理由なき力に「意味」はない。
意味なき力ではなにも変えられない。
過去の五条のように。
そこにおいて強弱は意味を持たない。
 

しかし私は信じている。

たとえそこに強弱が関係しなくとも。

天を、世界を廻すほどのあの力に

意味があったとしても。

彼が親友によって得た「意味」

無様に負けることは無く、

『五条悟だから最強』なのだと。

 

「彼ら」の完全復活を待ちながら。

 

amedot.hatenablog.com

 

≪関連記事≫

↓五条が強いのはパパ黒によって「自由」になって、夏油によって「意味」を知ったから

amedot.hatenablog.com

 

↓最後の五条の言葉は「〇〇〇〇」

amedot.hatenablog.com

 

↓日車寛見という男

amedot.hatenablog.com