amedotのブログ

呪術廻戦の考察を主に書きます

【呪術廻戦】魂は命の設計図。羂索に夏油傑の術式と記憶(情報)がある理由。

羂索は脳みそを入れ替えることで、
死者の肉体を乗っ取る。
しかし術式は脳に刻まれている

では、矛盾が生じる。
 
夏油傑の「脳」に宿るはずの「情報」
つまり、「術式」「記憶」
これを羂索がなぜ有するのか。

以前も少し書いたが、詳しく考察し、
虎杖悠仁の強さについても考えていく。

 

ネタバレ範囲は0~24巻、公式ファンブック、220話、230話です。
 
 
 
【目次】

【羂索の術式】

術式が生まれる謎。
それを考える前にまずは羂索の術式についておさらいしよう。
 
羂索の術式は現状3つ。

≪ 1. 死者を乗っ取る術式 ≫

羂索のモノとされている術式。
死者と羂索の脳を入れ替えることで、
死者に乗り移ることができる術式。
脳を入れ替えているのにも関わらず、
死者の「知識」「術式」が扱える。

呪術廻戦11巻/芥見下々
呪力も死者のモノと同じだ。
(術式は脳の前頭前野に刻まれている)
 

≪ 2. 呪霊操術 ≫

夏油傑の術式。
羂索は今、夏油の死体に居るため、
彼の術式を扱うことができる。
 

≪ 3. 反重力機構 ≫

昔の肉体である「虎杖香織」
つまり、虎杖の母親の術式。
昔の肉体の術式を使える理由は謎だ。
 
今回は、この中の1の術式を深堀りする。
(「死者を乗っ取る術式」では長すぎるが、
公式名が無いため便宜上『死体操術』とする)
 
 

【死体操術】

羂索の脳と死体の脳を入れ替え、
死体を乗っ取る術式。

呪術廻戦11巻/芥見下々
羂索も疑問に思っているように、
脳が入れ替わっているのにもかかわらず、
羂索の記憶だけではなく、
夏油(死体)の記憶があるのはなぜか

呪術廻戦230話/芥見下々
羂索は言及していないが、
脳を入れ替えたのにもかかわらず、
夏油の術式が扱えるのはなぜか
 
『 記憶も、術式も「脳」以外にも存在する
その「何か」が「脳」に術式を刻む 』
 
仮にそう考えれば、羂索の脳に夏油傑の「術式」と「記憶」が刻まれている理由になる。

夏油傑の「何か」
これが羂索に刻み込むのだ。
「記憶」「術式」を。

【反転術式治療】

詳しくは上の記事を見て貰いたいが、
反転術式は真希の火傷は治せない
歌姫や東堂の顔の痣も、
メカ丸の全身の傷も治せない
何故か。

呪術廻戦20巻/芥見下々
そもそも「治す」とは何か。
腕を繋げる。傷跡を塞ぐ。それなら分かる。
既にあるモノで治療している

呪術廻戦2巻/芥見下々
しかし反転術式は違う。
腕を生やす不足部分を生み出す
ではなぜ「傷跡」を治せないのか。
答えは単純だ。
ただ単に肉体を生み出すのであれば、
構築術式とさして変わらない。
何か「制限」があるはずだ。
 
『肉体』のみという制限だろうか?
それなら傷跡を治せるし、腕を生やせるし、
お腹に口すら作れてしまう。
宿儺の特異性から考えて、それは無い。
 
『設計図』に沿ってしか治せない?
これなら”アリ”だ。
その設計図とは何か。 『魂』だろう。
真人が「魂」を変え、人を変えるように、
「魂」のあるべき形に沿って人を治すのだ。

呪術廻戦11巻/芥見下々
「魂」「肉体」どちらが先か。
「鶏」「卵」どちらが先か。
それは各々の『世界(考え)』が決める。
しかし鶏が先でも、卵が先でも、
その「役割」は変わらない。変えられない。
鶏は卵を産み卵は鶏へと成長する。

「魂」とは生命の設計図。
 
知識、記憶、経験そして『術式』
全て刻まれている。それが魂なのだろう。
 
 

【生命の設計図】

「魂」が生命の設計図
記憶も知識も術式もため込んだ
いわば個人用アカシックレコード
 
そうならば、堅牢な「器」は異常だ。

呪術廻戦14巻/芥見下々
宿儺の知識や技術は神がかり。
加えて複数の術式保持の可能性。
 
つまりそれほどの情報量を持つ魂。
それを難なく抑え込む器、
(複数本同時に入れられると少し主導権を奪われるが)
 
『虎杖悠仁
ここからは彼の強さについて考察する。
 
 

【脳のメモリがはちきれる】

呪術廻戦23巻/芥見下々
4つ以上の術式を1つの体に刻むと
「脳のメモリがはちきれる」
では、脳のメモリとはなんだろうか。
記憶領域だろうか?
そもそも「脳」の必要があるのは何故か。
 
呪言師のように呪印を刻み、
それを用いて術式を発動できるならば、
「メモリ」は跳ね上がるはずだ。

呪術廻戦0巻/芥見下々
ならなおさら疑問が挙がる。
「メモリ」とは何か。
呪言師や呪物、呪具のように、
『脳』以外にも術式が宿るなら、
「メモリ」は脳みそのような単なる
『記憶領域』を指さないはずだ。
 
一旦、ここまでの話をまとめよう。
・魂とは生命の設計図である
・虎杖は「宿儺」という情報を抑え込む
・術式を入れる「メモリ」は脳に限らない
 
ここから導き出せる結論は一つ。
肉体は、大量の情報、つまり「魂」
これを入れる「容器」
容器の許容量こそが「メモリ」
 
故に脳を持たない呪具も術式を有する。
(術師の術式が刻まれるのが呪言師を除いて脳なのは、脳が「情報」を処理する器官なので、術式という「情報」と結びつきやすいからだろう)


【虎杖悠仁は檻】

考察に考察を重ねるようで申し訳ないが、
今回考察した通り
『魂は生命の設計図』であり、
『メモリとは設計図を入れる記憶領域』
そう仮定する。

そしてここに以前考察した、
『虎杖が器なのは展延のように
他者の魂を薄めているから』と、
『虎杖には九相図の魂が入れられ、
消された。故に魂の容量があいている』
これを掛け合わせて考える。
 
つまり、虎杖悠仁という「檻」は、
9つの相性良い魂「九相図」を入れられ、
器の容量が拡張された。
それらを消され「器」に空きができた
 
展延が五条のバリアを中和するように、

呪術廻戦11巻/芥見下々
獄門疆(源信)が「五条悟」という
「情報」を処理しきれず重くなるように、
虎杖悠仁は「宿儺」という情報を抑え込む
一度に情報(指)を多量に挿入されない限り
「魂(情報)」を広い空間で薄め処理する
(無量空処で例えるなら、一瞬で情報を多量に送るからパンクするわけで、同じ総量の情報を500年に分割して送られればパンクすることはないはず。ということ)
 
こう考えられる。

呪術廻戦220話/芥見下々
虎杖悠仁の手に渡った、「九十九の遺した魂の研究記録」ノートにもこのようなことが書いていたのかもしれない。
 
 
では、「虎杖悠仁という完璧な器は、
どれほどの情報を蓄えることができ、
その肉体をどう活かせるのだろうか。
 
 

源信の末路】

ジャンプGIGA 2023 EARLY SPRING
源信の能力は結界術。
呪いを封印し続け、死後呪物と成った。
五条すら封印する「獄門疆」へと。
 
「強すぎる相手を封印すると動けなくなる」
「最強を含め誰でも封印できる」
源信はあまりにも虎杖悠仁に似ている。
 
つまり、源信に起こったことは
虎杖にも起こり得るはず
 
源信は実力者だったことが判明している。
だが、生前からここまでだったのか?
五条を封印できる程の術師だったのか?
答えはNOだろう。

禪院直哉が呪霊化することによって強くなったように、源信も死んで獄門疆という「呪い」になってから、「誰でも」封印できるほどに強力になった。そう考えるのが自然だ。

ならば、虎杖も成れるはず。
呪霊といえど「魂」はある。
というか、万物に「魂」はある。

呪術廻戦22巻/芥見下々
それを注ぎ続ける。
多量の情報を肉体という「器」へ。
そうすれば虎杖は高みへと昇るだろう。
まるで獄門疆のように。
 

【奪わず、与えて殺す】

虎杖悠仁は極めて優れた器。
故に宿儺という情報すら悠々と抑え込む。
 
では、羂索が言った「メモリ」
それも虎杖は頭抜けているはず。
つまり、九十九の見立てでは
羂索という器に入る術式は最大4つ
虎杖はそれを超える”9つ”
あるいは、それ以上宿す可能性がある。
 
それは虎杖悠仁の肉体故に耐えられる
圧倒的情報量
 
他の肉体なら不可能だ

呪術廻戦2巻/芥見下々
なら『あえて』肉体を明け渡せばどうなるか。
あえて明け渡し、肉体も相手の姿に変える。
 
呪力とは「感情」であり、記憶。
そして魂とは「情報」である。
ゆえに、雪崩れ込む情報の奔流
メモリを焼き切る、術式のあめあられ
「虎杖悠仁」の肉体以外は耐えられない。

たとえ、宿儺であったとしても。
(虎杖悠仁に宿儺の術式は長らく刻まれていないし、少なくとも日車の「没収」時には影も形もない。しかし、来栖は彼女の意思で天使の術式を扱っているように見える。つまり、同意さえあればすぐに刻まれるかもしれない)
 
宿儺のように奪い、削ぎ、焼いて殺す。
わけではなく、
肉体を譲り、術式を与え、溢れさせ殺す。
それが虎杖悠仁の可能性ではないだろうか。
 
身に余る不幸(情報)を喰らい、溺れ死ね。

呪術廻戦24巻/芥見下々

amedot.hatenablog.com

amedot.hatenablog.com